保護命令って何?

保護命令とは、配偶者などからの暴力を防ぐため、裁判所が申立人(DV被害者)に近寄ったりしないように命じる決定のことです。
この決定には、五つの種類があります。

 
一つ目は、「接近禁止命令」。
6ヵ月の間、申立人に付きまとったり、申立人の自宅や勤務先などの周辺を徘徊することを禁止する命令です。

 
二つ目は、「退去命令」。
申立人と相手方(DV加害者)が一緒に住んでいる場合、申立人がそこから引っ越す準備などをするための期間中、相手方に家から出て行くように命じたうえ、その付近を徘徊することを禁ずる命令です。
なお、準備等の期間は2ヵ月となっています。

 
三つ目は、「子への接近禁止命令」。
接近禁止命令の対象が、子になった物です。
相手方が子を連れ去るなどして、申立人が相手方と会わざるをえない状況を防ぐために下されます。

 
四つ目は、「親族等への接近禁止命令」。
上記と同じく、接近禁止命令の対象が親族等になった物です。
相手方が申立人の実家で暴れるなどして、申立人が相手方と会わざるをえない状況を予防します。

 
五つ目は、「電話等禁止命令」。
6ヵ月の間、相手方からの面会要求や深夜の電話など、一定の迷惑行為を禁ずる命令です。
これらの命令に違反すると、1年以下の懲役または100万円以下の罰金となります。

コメントは受け付けていません。